読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庵。と音楽ライフ

試行錯誤しながら、教えられることは教えていく。そんな場所です。

最初に買うギターは高いほうがいい?安いほうがいい?

f:id:ioriyasusama:20160928230519j:plain

最初に買うギターって・・・

「よし、ギターを始めよう!」と考えた時に一番最初に必要になるものは何でしょうか。
そう、「ギター」です。しかし、ギターは安価なものから高価なものまで幅広くあるので一体全体どれを買えばいいのかわからないと思います。

ネットで検索をすると安価な値段でギターもアンプも何もかもがセットで15000円くらいの初心者セットから、ギターだけなのに一本で数万円するものもあります。
最初から数万円は払えないという方も、最初から本気で取り組みたいという方も、この記事で高いギターを買うメリットとデメリット、安いギターのメリットとデメリットを考えていきましょう。



ギターを買う前に

ギターを買う前に一番大事なことがあります。それは、資金です。今、いくらまでならギターに払えるのかを冷静に考えてみましょう。
アコースティックギターであればギターだけを買えばいいのですが、エレキギターの場合はそうはいきません。アンプやシールドがないと音が出ないためギターだけ買うということはあまりお勧めできません。エレキギターの場合はアンプとシールドを買うことも考慮して資金を考えていきましょう。



安いギターを買うメリット・デメリット

安いギターのメリットは言うまでもなく安いことです。安価に手に入るため、欲しいと思えばすぐに購入することができます。さらに、ネットや楽器屋でよく見かける初心者セットというものがあります。

【今だけ特典付き!】エレキギター SELDER ST-16 リミテッドセットプラス【今だけ教則DVD付き!】【セルダー 初心者 入門セット ST16】

価格:13,700円
(2016/9/2 23:59時点)
感想(290件)


【今だけ特典付き!】エレキギター Maison レスポールタイプ LP-28 20点初心者セット【今だけ譜面台付き!】【エレキギター メイソン 入門セット LP28】【大型】

価格:24,200円
(2016/9/2 23:59時点)
感想(104件)

このようなセットにはアンプやシールド、ピック、ギタースタンドまで付いてくるので、これ一つ買えばエレキギターを始めることができます。ピックやチューナーなどはギタリストとしてのレベルが上がってもずっと使っていけるものなので、そのような必需品が一度に揃うというのも魅力の一つです。
高いギターにこのような付属品が付いてくることはまずないので、安いギターならではのメリットと言えます。

しかし、もちろんデメリットもあります。まず、ギターが安いパーツでできているためあまりいい音が出ません。そして、適切な環境で使わなかった場合、高価なギターよりもネックが反りやすく、弾き辛くなってしまう可能性が高いです。付属品に関しても、ピックやチューナーなど音に直接的に関係がない部分はいいのですが、アンプやシールドは音が良くないため、初心者の頃の練習には差し支えないのですが、後々になって買い換える可能性が高いです。ギター本体に関しても、音の優劣がわかるようになるにつれて買い換えたいという衝動に駆られると思います。その場合、さらにお金がかかってしまうためトータルで見ると高い買い物になってしまう可能性があります。

しかし、必要なものが一度に手に入ることやすぐに購入してギターを弾き始めることができるなど、とてもメリットが大きいため一概に安いギターは悪いとはいえません。むしろ、初期のギター練習くらいであれば安いギターの方がいいのではないかと思っています。



高いギターを買うメリット、デメリット

高いギターを買うことのメリットは、音が良いことと弾きやすいこと、そして買い直す必要が基本的にないためずっと使っていけることです。

Suhr Guitars(サー・ギターズ)Pro Series Modern Satin HH Black Gotoh 510

価格:299,800円
(2016/9/3 01:17時点)
感想(0件)


エレキギター Jackson KING-V 【Pro Series】 KV【Metallic Black】【ジャクソン】【正規輸入品】【お取り寄せ品】【送料無料】

価格:149,850円
(2016/9/3 01:18時点)
感想(0件)


このように付属品はありませんが、一本で十数万円するものがあります。しかしながら、一本買えばいつまでも使っていけるため初心者でも上級者でも使っていけます。

デメリットとしては、高価なためすぐに購入できないことと、買ったのにも関わらず諦めてしまった場合に金額的ダメージが大きいことです。特に、ローンを組んで購入してしまった場合には悲惨なものです。
よほど、本気で取り組める自信がないのであれば高価なギターを最初から買うのは避けたほうが良いでしょう。



最後に

高いギターにも安いギターにも、良い点悪い点があります。資金や目的ももちろんですが、双方のメリットとデメリットを比較して自分に合ったギターを購入しましょう。自分に合ったギターが購入できれば練習へのモチベーションも上がりギタースキルもメキメキ上達していくことでしょう。最速で脱初心者を目指すためにもしっかりとギターを選んで購入していきましょう。