読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庵。と音楽ライフ

試行錯誤しながら、教えられることは教えていく。そんな場所です。

歌ってみたをなるべく安く始める!

f:id:ioriyasusama:20160928230253j:plain

歌ってみたを始めるために必要な事

歌ってみたを始めるために必要なものは沢山ありますが、何が本当に必要なのか分かりづらいですよね。そして、お金もあまり無いという状態も多いと思います。今回の記事では歌ってみたをなるべく安く始める方法をご紹介していこうを思います。

歌ってみたを始めるには何が必要か

まず、歌ってみたを始めるにはどんな機材が必要なのかをおさらいしましょう。

ある程度の歌ってみたを作るとなるとこちらが必要になってきます。
しかし、全てにお金をかけていたら莫大な金額になってしまいます。
なので、必ずなくてはならないものと削ってもいいものに分けてご紹介していきたいと思います。


必ずなくてはならないもの

まずは、必ずなくてはならないものを紹介していきたいと思います。

が必須となるアイテムです。

はっきり言ってほとんどのアイテムは必須になってしまいます。しかし、一つ一つ値段を抑えることはできるのでお教えしていきたいと思います。


PC

PCについては、値段を削ることはできません。しかし、恐らく自宅にあるPCを利用すれば歌ってみたを作成することが可能です。
現在、私のPCはiMacですがもちろんwindowsのPCでも歌ってみたを作成することは可能です。しかし、デスクトップ型のPCだと外に持ち運ぶことができないため自宅での録音を強いられることになります。そうなると、録音の際に非常に多くの手間がかかるためできればノートPCを購入してスタジオで録音を行った方が良いでしょう。
とりあえずは、PCがあれば大丈夫です。

DAWソフト

DAWソフトとは、音をレコーディングしたり編集したりといったことができるソフトの総称です。通常購入すると数万円するソフトなのですが、歌ってみたをやるだけであればフリーソフトで十分です。なのでDAWソフトは購入する必要はありません。
現在、使いやすい無料のDAWソフトはStudio One freeというソフトです。高性能かつ日本語にも対応しています。もちろんmac,windowsの両方に対応しています。こちらをダウンロードしておけば間違い無いでしょう。
URL:
http://www.mi7.co.jp/products/presonus/studioone/prime/

マイク

歌ってみたを行う上で一番必要と言っても過言では無いものです。それゆえに、高性能なものを求めてしまうと非常に高くついてしまいます。とはいえ、skype用のマイクでは雑音が多すぎてとても歌ってみたに使えるものではありません。
なのでなるべく安く手に入りつつコストパフォーマンスの良いものを買いましょう。
こちらはかなりオススメのマイクです。

https://www.amazon.co.jp/BEHRINGER-XM8500/dp/B0002KZAKS/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1473435871&sr=8-1&keywords=BEHRINGER+Ultravoice+XM8500www.amazon.co.jp

しかし、こちらのマイクにはオーディオインターフェイスが必須になります。マイクの中にはオーディオインターフェイスを必要としないものもありますが、後々の利便性を考えるとオーディオインターフェイスを必須とするマイクの方が良いと思います。

マイクスタンド

マイクを直接持って録音をすると手とマイクが擦れる音が入ってしまったり口とマイクの位置が一定にならないため音量がバラバラな音源が出来上がってしまったりします。それを防ぐために、マイクスタンドは必須です。
しかし、マイクスタンドは考えているよりもずっと安く手に入ります。

マイクスタンド(ストレートタイプ・マイクホルダー付・折りたたみ対応) [100-MR104]【サンワダイレクト限定】

価格:2,480円
(2016/9/10 00:50時点)
感想(8件)

楽天市場であればこれくらいの値段ですが、楽器屋によっては千円ほどで売っているところもあります。
安価で手に入りずっと使っていけるものなので是非購入してみてください。

オーディオインターフェイス

これは、マイクとPCを繋ぐ仲介役のような機材です。マイク以外に、ギターやベースなどもこのオーディオインターフェイスを介してレコーディングも行えます。歌ってみたに用いられるようなボーカルレコーディング用のマイクにはオーディオインターフェイスを必須とするものが多いため購入しておいて損はないと思います。また、声の入力音量をオーディオインターフェイスで調節できるため非常にレコーディングがスムーズになります。

Steinberg UR12【p5】

価格:10,800円
(2016/9/10 00:59時点)
感想(2件)


このオーディオインターフェイスは価格が1万円ほどしてしまいますが使いやすく音も良いのでオススメの機材です。
もし、オーディオインターフェイスの値段を削るとすればPCに直接接続できるマイクを購入すると良いでしょう。

【送料無料】SONY エレクトレットコンデンサーマイクロフォン ECM-PCV80U [ECMPCV80U]【KK9N0D18P】

価格:3,280円
(2016/9/10 01:01時点)
感想(17件)


削っていいもの

ヘッドフォン

音楽を作ったり編集したりしている人を見るとみんなヘッドフォンをしています。その理由としてはイヤフォンよりも音質が良く音の繊細な部分まで聞こえるためです。しかし、その人たちと同じ音質のヘッドフォンを購入しようとすると数万円になってしまいます。
逆に安いヘッドフォンは非常に音質が悪く、買う意味が全くありません。なので、あまりに安イヤフォンでなければそのままイヤフォンで編集を行っても問題ないと思います。

ポップガード

ポップガードは、「ぱ」や「ぴ」などの破裂音の際に起きるリップノイズを防ぐ機材です。購入するとしても千円ほどで購入できるのですが、ポップガードは自作することができます。
まず、ハンガーを円形に折り曲げそこにストッキングを被せるだけです。これでポップガードとほぼ同等の効果が期待できます。なので序盤は自作ポップガードを用いるのも良いでしょう。使いづらいなと思ったらお金を出してポップガードを購入することをお勧めします。

【送料無料】ポップスクリーン フレキシブルネック仕様【ポップブロッカー・ポップガード・ポップフィルター】録音時の雑音除去に最適!【メール便送料無料!】

価格:880円
(2016/9/7 16:43時点)
感想(0件)


結構いろいろなものが必要で面倒くさい・・・

実際に歌ってみたを始めてみようとすると様々なものが必要で選ぶのも探すのも大変ですよね。しかし、インターネットでは歌ってみたに必要なものがほぼ全てセットになった商品が存在しています。

TASCAM タスカム TRACKPACK US-2x2-SC レコーディングスターターセット【DTM、「歌ってみた動画」等への音声入力に!】

価格:27,800円
(2016/9/10 01:42時点)
感想(0件)

このように今まで書いてあるものはほぼ全て入っており、これを一つ買えばすぐに歌ってみたを始めることができます。しかし、もちろんデメリットもあります。まず、ヘッドフォンの音質が悪く使い物にならないため別途で購入するか既に持っているイヤフォンを使うかになります。また、譜面台など不要なものが付いてきたりケーブルは安物なので壊れやすかったりします。そのようなデメリットを受け入れられるのであればこのような歌ってみたスターターキットのようなものを購入してみるのも良いでしょう。


最後に

歌ってみたを始めるための機材は思っている以上に多いです。そのため、始めてみようという人が実際にレコーディングする前にやめてしまうケースが多々あります。しかし、それは非常に勿体無いことです。初心者には最初のハードルは非常に高いですが、この記事のように非常に安価に始めることができます。なので、できるだけ安価にそして迅速に必要なものを集めて実際にレコーディングやmixをしてみましょう。もしかしたら、有名な歌い手になれるかもしれませんよ!