読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庵。と音楽ライフ

試行錯誤しながら、教えられることは教えていく。そんな場所です。

錆びない弦!? エリクサーの紹介!

f:id:ioriyasusama:20160928225738p:plain

弦がすぐ錆びる・・・

ギタリストの悩みの一つ、それはギターのメンテナンスです。特に、消耗品である弦は切れたり錆びたりして頻繁に交換しなければならないため非常にめんどくさいです。しかし、世の中には信じられないくらいに錆びない弦が存在します。


その名はElixir(エリクサー)

その錆びにくい弦の正体はエリクサーというメーカーの弦です。この弦の特徴は何と言っても異常なくらい錆びにくい。かくいう私もずっとこの弦を使用しています。使用しているからこそ何度も言いますが本当に錆びにくいです。現在、半年くらい同じ弦を使用していますが全く錆びていません。


なんでそんなに錆びないの?

そう疑問に思った方もいるでしょう。そもそも、錆びの原因とはプレイヤーが演奏するたびに弦に付着する角質や汗です。これらが弦に蓄積されてしまい錆びていきます。エリクサーの弦は、弦をコーティングしてしまっているため、汚れの原因となる角質や汗を寄せ付けません。なので、エリクサーの弦は非常に錆びにくいのです。


エリクサーの特徴

錆びないため音色が長持ち

通常、弦が錆びると音が変わってしまい最初のキラキラした音が出なくなります。しかし、エリクサーの弦は錆びることがないために弦を交換したばかりのようなキラキラした音色が長持ちします。ギターから出る生音が長い間変わらないため、エフェクターを用いて音作りをするときも非常に助かります。

フレットがすり減らない

ギターのフレットは演奏するたびにすり減っていきます。これはどんな弦を用いても起こってしまうことでありある程度は仕方がないことです。しかし、錆びた弦をそのまま使っていると表面が錆びでギザギザなためフレットのすり減る速度が速くなってしまいます。エリクサーの弦は、錆びにくいためフレットのすり減りがとても低減されます。すり減ったフレットを治すのには非常にお金がかかるためこれはとても嬉しい特徴です。



詳しくエリクサーを見ていこう

エリクサーにはナノウェブとポリウェブという種類が存在します。

ナノウェブ

【メール便発送、代引き不可】【Elixir(エリクサー) エレキギター弦 】ナノウェブ スーパーライト #12002

価格:1,380円
(2016/9/18 01:42時点)
感想(21件)

こちらがナノウェブのエリクサー弦です。
この弦の特徴としては、弦を覆っているコーティングが極薄なため普通の弦と大差ない音を出すことができます。しかし、後述するポリウェブの弦よりは寿命が劣るといった弦です。私は、ポリウェブよりもこちらの方が弾き心地が良いためこちらを愛用しています。

ポリウェブ

Elixir Polyweb #12000 Super Light 009-042 エリクサー ポリウエブ エレキギター弦【ギターパーツの店・ダブルトラブル】

価格:1,277円
(2016/9/18 01:49時点)
感想(8件)

こちらがポリウェブのエリクサー弦です。
特徴としては、弦のコーティングがしっかりとしているためナノウェブに比べて寿命が長いです。そして、ナノウェブよりもマイルドな音が出ることに加えフィンガーノイズ(弦を擦る音)がほぼ出ません。寿命がかなり長いため練習用の弦としてはかなり良いのではないかと思います。




どちらのコーティングにしても寿命は他の弦よりも長いため、音の好みで選ぶのが良いと思います。使っていて感じた難点は、ピックスクラッチの音が良くないことです。この弦は、基本的にコーティングされてしまっているためピックスクラッチできる溝がほぼありません。特にポリウェブはしっかりとコーティングがされてしまっているためピックスクラッチはできないと言ってもいいでしょう。ナノウェブであれば、かろうじて聞ける範囲のピックスクラッチを行うことができるため私はこちらを愛用しています。
他の弦と比べ割高ですが、値段以上の機能性は持っている弦です。まだ触れたことがない方は是非一度、試してみてはいかがでしょうか?