読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庵。と音楽ライフ

試行錯誤しながら、教えられることは教えていく。そんな場所です。

脱初心者!オルタネイトピッキング編!

http://free-photos-ls04.gatag.net/thum01/gf01a201503170800.jpg

ダウンピッキングはできるようになった

ダウンピッキングができるようになると、次はオルタネイトピッキングの練習に入ります。しかし、ここで大体のギタリストに問題が生じてきます。


ダウンはできるのにアップができない


何か違和感を感じてピックの持ち方を変えてみたり、ピックの角度を変えてみたり・・・
そんな初心者の頃に役立つポイントをまとめておきます。

オルタネイトピッキングとは

まず一番基本的なところから確認していきましょう。
ピッキングには弦を上から下に弾くダウンピッキングと、弦を下から上に弾くアップピッキングの二種類があります。
オルタネイトピッキングダウンピッキングとアップピッキングを交互に繰り返し行うピッキング方法です。」

このピッキング方法はギタリストを続けていくにあたって必ず必要になるピッキング方法であり、一番重要なピッキングです。

オルタネイトピッキングを用いるとダウンピッキングでは間に合わないような速いフレーズや複雑なフレーズも弾くことができます。
さらにダウンピッキングとアップピッキングの繰り返しを行う為、リズムを取りやすくなるといったメリットもあります。
なので、ぜひマスターしておきましょう。


オルタネイトピッキングが上手くできない

リズムはぐちゃぐちゃ、音はカスカス・・・私も経験しました。
オルタネイトピッキングの練習を始めた頃は、まともに楽曲なんて演奏できないほど酷いピッキングでした。
何よりも大変だったのは、解決策が何なのかわからないことです。
確かに、ピッキングの仕方は不格好でしたが他の人がやっているオルタネイトピッキングと自分のピッキングの違いが全くわかりませんでした。
困り果てて、ギターの上手い友人に聞いたら一言「ピックが弦に引っかかってるからじゃね?
全くその通りでした。
その言葉を聞いてからは、オルタネイトピッキングが劇的に改善していきました。
ここでは、ピックが弦に引っかからないためのポイントをご紹介していきます。

ピックを深く入れすぎない

恐らくオルタネイトピッキングができていない人の90%はこれが原因です。
ピックを深く入れてピッキングしてしまっているため、弦にピックが引っかかり上手く弾くことができていません。
なので、ピッキングを行う際はピックの先端部分でピッキングを行うようにしてください。
あまり浅すぎてもピッキングをスカッてしまう可能性があるため、浅すぎず深すぎずの感覚がつかめるように練習を行いましょう。
これだけで、オルタネイトピッキングは劇的に改善します。
今すぐに意識して練習を行いましょう。

ピックを強く握りすぎない

何事もそうですが、初心者の頃は全ての動作に力が入り過ぎてしまいます。
ギターでは、ピックをギュウギュウに握りしめてしまう人が多くいます。
強く握りすぎると手首の柔軟さがなくなり、上手くピッキングを行うことができなくなってしまいます。
なので、ピックは強く握りすぎず軽く持つ感じにしましょう。
これは、オルタネイトピッキングだけではなく全てのギターテクニックに対して有効なので是非覚えておいてください。

ピックを平行に当てすぎない

よく教則本には「ピックを弦に対して平行に当ててください」と書いてありますが、本当に平行に当てるとピックが弦にもの凄く引っかかります。
なので、ほんの少しだけ角度をつけてピッキングをしてみてください。
ピックが弦を滑るような感覚になるため、引っかかってしまうのを防ぐことができます。
しかし、あまり角度をつけすぎるとピッキングの音が非常に悪いものになるため注意が必要です。
あくまでも、ほんの少しだけ角度をつけて弾くことを意識して練習しましょう。


最後に

最初にも述べましたが、オルタネイトピッキングはギターテクニックの中で一番基礎であり一番重要なものです。
ここで手を抜いてめちゃくちゃなオルタネイトピッキングを習得してしまうと、後から覚えるテクニック全てに悪影響を及ぼします。
なので、オルタネイトピッキングは何度も何度も練習するようにしましょう。
中級者くらいの人になるとオルタネイトピッキングが当たり前になり、ほとんど練習しなくなりますがはっきり言って下手くそな人が多いです。
私は今でもオルタネイトピッキングの練習を行うようにしています。
一日一回はオルタネイトピッキングの練習を行って、綺麗で完璧なピッキングを身につけていきましょう。