読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

庵。と音楽ライフ

試行錯誤しながら、教えられることは教えていく。そんな場所です。

注目の的!?カラオケテクニック!

f:id:ioriyasusama:20160928225250j:plain

カラオケ好き?

私はカラオケ大好きです。一人でも行きます。それが転じて歌ってみたとかもやっています。しかし、一番最初にカラオケに行った時は緊張と非現実間でそれはそれは酷い歌を披露しました。しかも、歌が下手くそなくせにキーが高い曲ばかりが好きだったために歌えずに酷い目にあいました。(低いキーの曲も歌えなかったけど・・・)
しかし、ある技術を習得してからは劇的に歌唱能力やカラオケでの受けが向上しました。その技術をこっそりとお教えします。

まずは今の自分を振り返る

今、カラオケで歌っている自分はどうでしょうか。自分のキーを大幅に上回った曲を歌ってしまい、全編通して裏声を披露してはいないでしょうか。誰も知らないようなマイナー楽曲を歌って自分だけ気持ちよくなってはいないでしょうか。それでは誰もあなたの歌は聞いてくれません。むしろ、周りにいる人からの評価が悪くなっていく一方です。
カラオケという空間で一番最初に意識することは自分以外の人がいるということです。
まずは、これを前提におきましょう。


自分以外がいるからどうする?

自分以外がいるという空間で歌うことのできる機会はそう多くありません。そのため、第一に考えることは選曲です。周りの状況に合わせて歌う曲の年代をずらしましょう。
もし、大学生同士のカラオケで昭和の曲をこれ見よがしに歌っても誰も聞いてくれませんし、職場の上司に囲まれている中で流行りのアニメソングを歌っても反応してくれる人がいないかもしれません。
カラオケで自分が一番最初に歌う曲は、周りの人に合わせてジャンルや年代を合わせるということが重要です。
最初から自分の知らない曲を歌う人よりも、自分の知っている曲を歌っている人のことが気になるのは当たり前のことだと思います。自分の趣味ばかり主張せず、せめて一番最初の曲は周りの人の心をつかむような選曲をしましょう。


歌のキーが高い・・・

歌えないキーの曲を必死に裏声で歌っている男性がよくいますが、聞いている側としてはとても不快です。そもそも、女性の楽曲はキーが高いことに加え今流行りのバンドはキーが高いです。それを無理に歌おうとすればかっこよさも魅力もない裏声になってしまいます。
それを避けるために、まずは自分のキーにあった曲を見つけておきましょう。一曲でも二曲でも構いません。自分のキーにあった曲は、無理に声を出す必要がないため非常に個性的な魅力が出やすいです。


キーが高くても歌いたい

私も、そう思っていた一人でした。当時私は、janne da arcが大好きでした。しかし、ボーカルのyasuのキーは非常に高く常人には歌えない代物でした。
どうやったらあれほど高い声が出るのか、を調べまくってたどり着いた先はミックスボイスという技術です。
ミックスボイスは裏声なのに地声のような強さのある発声方法のことです。正直「なんで、カラオケでそこまでしなきゃいけないんだ」という方もいますが、もし習得することができれば「歌がうまい」と言われること間違いなしです。
色々な練習法があるために、ここでは一番簡単な練習法をお教えしておきます。


  1. 裏声を出す
  2. 裏声を出すときの息の量を多くする
  3. そのイメージで叫ぶように声を出してみる


これでかなりミックスボイスに近づいていけると思います。

最後に

カラオケでは受けの大半を歌のうまさと楽曲への興味が占めています。逆に言えば、自己満足の下手くそな歌は誰も聞いてくれません。カラオケで不満を感じている方はこの記事を参考にして、最高のカラオケライフを過ごしてください。そうでない人も、ミックスボイスを習得してさらなる高みを目指しましょう。